勝負はこれから

フォローする

解体的出直し迫られる西武 ピンチはチャンス
編集委員 篠山正幸

(1/2ページ)
2018/11/27 6:30
保存
共有
印刷
その他

エース菊池雄星がメジャーへの夢を追って旅立ち、打点王・浅村栄斗が去り、日本代表の捕手でもあった炭谷銀仁朗も抜ける西武。10年ぶりのリーグ優勝の喜びもつかの間、チーム解体の危機にひんしているが、悲観すべきことばかりとも限らない。

痛い浅村と炭谷の移籍

よく選手が出ていくチームだ。1993年のフリーエージェント(FA)制度導入以来、ヤクルトから獲得して2008年の優勝の立役者の一人となった石井一久のように、西武も「移籍の自由」の恩恵を受けたこともあった。だが、これまでの出入りをみると、圧倒的に流出した戦力の方が大きいのではないだろうか。

94年オフの工藤公康(ダイエーへ)、石毛宏典(同)、96年オフの清原和博(巨人へ)、07年オフの和田一浩(中日へ)、13年オフの涌井秀章(ロッテへ)、片岡治大(巨人へ)、16年オフの岸孝之(楽天へ)と主力級の人材が、他球団へ移籍してきた。

03年オフの松井稼頭央、12年オフの中島裕之(宏之)のように、メジャーという夢に向かっての移籍であれば、引き留めようもなく、球団やファンとしても、どうにかあきらめがつく。一方、国内での移籍は条件次第では引き留められたかも、と思われる面もあるだけに、やるせないものがある。

エースの菊池はポスティング制度によるメジャー移籍を目指す=共同

エースの菊池はポスティング制度によるメジャー移籍を目指す=共同

もちろん、FA権は選手が勝ち取った権利であり、その行使について、感情的に見てはいけない。FA権の取得条件を満たしたということはすなわち、一定年数、チームに貢献したとみなされたわけで、球団としても功労者として扱うべき存在となる。移籍したい、といわれたら「これまでご苦労さん」といって、送り出さねばならない。そういう筋合いの話だ。

浅村、炭谷の移籍は西武にとって痛い。特に浅村の穴は埋めがたい。勝負強い3番がいることで、前後の打者も生きたという面があり、来季は打線全体のバランスが損なわれる恐れもある。

せっかくつくり上げた最強打線が瓦解の危機にある。その現実を直視しないわけにはいかないが、これを奇貨として、チームの進化に結びつける手がないわけではないだろう。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

プロ野球コラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

勝負はこれから 一覧

フォローする
ワールドトライアウトで東尾修氏(左)と対談する清原氏。西武から巨人に移籍した経緯など、秘話が披露された

 1980年代から2000年代を代表する打者である清原和博氏(52)が、ファンの声援を背に、球場に帰ってきた。11月30日、神宮球場で行われた野球選手の再チャレンジを支援するイベントに、監督として参加 …続き (12/10)

米大リーグ挑戦についての記者会見を終え、ポーズをとる巨人の山口俊投手(中央)。左は原監督、右は今村球団社長(18日)=共同共同

 1998年、日米球界間の移籍の新たな「通路」として導入されたポスティング(入札)制度はフリーエージェント(FA)権を獲得する前の「旬」の選手のメジャー挑戦を可能にする一方、日本プロ野球の空洞化をもた …続き (11/26)

野球には見るものに思わず「アウト」「セーフ」と言わせるような気迫に満ちたクロスプレーもある(「プレミア12」の日本―ベネズエラ戦)=共同共同

 野球の判定に、どこまで「機械の目」を導入すべきか――。改めて考えさせられる場面が、ナショナルズとアストロズが“世界一”を争った今年のワールドシリーズで見受けられた。
 2勝2敗で迎えた第5戦(10月2 …続き (11/12)

ハイライト・スポーツ

[PR]