/

ソフトバンク系QR決済のPayPayが100億円還元

日経クロステック

ソフトバンクヤフーの共同出資会社であるPayPay(ペイペイ、東京・千代田)は2018年11月22日、スマートフォンQRコード決済サービス「PayPay」を普及させるため、12月4日から100億円を利用者に還元する大規模なキャンペーンを実施すると発表した。

100億円還元キャンペーンの概要を説明するPayPayの中山一郎社長
PayPayアプリで店舗のQRコードを読み取って決済するところ

親会社ヤフーの川辺健太郎社長は「20年近く前に、ソフトバンクとヤフーは(機器を無料配布するなどして)日本のブロードバンド化を一気に進めた。キャッシュレス決済の普及も我々にしかできないことだ」と述べた。

キャンペーン期間中に利用者がPayPayで代金を支払ったら、支払額の20%相当額をもれなくPayPayの口座に還元する。還元の上限は1人当たり月額5万円。さらに、一定の確率で10万円相当を限度に支払金額の全額を還元する。

還元原資は100億円で、PayPayが全額を負担する。キャンペーン期間は19年3月末までだが、還元額が100億円に達した時点で途中終了する。巨額の還元キャンペーンの効果は一過性に終わる可能性もあるが、PayPayの中山一郎社長は「今はとにかくPayPayを使ってもらうことに徹底的にフォーカスする。キャンペーン終了後のことは考えていない」と述べた。

(日経 xTECH/日経コンピュータ 清嶋直樹)

[日経 xTECH 2018年11月22日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン