/

この記事は会員限定です

ゴーン元会長ら「規模」の時代節目 データが軸に

[有料会員限定]

日産自動車を19年にわたって率いたカルロス・ゴーン元会長が解任された。自動車業界を見渡せば、2018年には欧米で00年代に巨大自動車メーカーを率いた経営者の退任が相次ぎ決まった。自動車各社が規模を追ってきた時代を率いた彼らの退場は、データを起点にした新たな技術・サービスを軸に異業種連携の巧拙が問われる時代の本格的な幕開けと重なる。「ゴーン後」の日産経営陣はどう対応するのか。

仏ルノー・日産・三菱自動車の3社連合で22年まで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1851文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日産自動車が選択を迫られている。
内田誠新社長のもと、業績をどう立て直すのか、筆頭株主である仏ルノーとの関係をどう再構築するのか。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン