2019年9月22日(日)

最高松阪牛に2510万円 三重の品評会で落札

2018/11/25 17:53
保存
共有
印刷
その他

ブランド和牛・松阪牛の体格や毛並みの良さを競う品評会「松阪肉牛共進会」が25日、三重県松阪市で開かれ、最高賞の「優秀賞1席」に、同県大紀町の中村一昭さん(42)が育てた「さとり」(3歳、678キロ)が選ばれた。品評会後の競りでは、2510万円の高値で落札された。

落札した津市の食肉会社朝日屋の香田佳永社長(58)は「ももの張りがあるなど体のバランスが取れた良い牛だ」と称賛。この日落札した他の牛と共に、来月13日から店頭に並ぶ予定だという。中村さんは「この賞を取ることを目標にしてきた。受賞できてうれしい」と、笑顔で話した。

松阪牛は松阪市周辺で育てた出産経験のない雌の黒毛和牛のこと。品評会には、その中でも兵庫県産の子牛を900日以上育てた「特産松阪牛」のみが出品され、今年は50頭が参加した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。