拝啓 ベーブ・ルース様

フォローする

言葉でたどる大谷翔平の18年シーズン(前編)
スポーツライター 丹羽政善

(1/3ページ)
2018/11/26 6:30
保存
共有
印刷
その他

大事な場面で三振を取れば、マウンド上で感情をあらわにする大谷翔平(エンゼルス)だが、記者会見の表情から読み取れるものは決して多くはない。うれしいのか、悔しいのか。その日、たとえば2本塁打を打ったのか、3三振を喫したのか。

とはいえ、ときにその素顔であったり、価値観をのぞかせたりすることがある。

大谷が2018年シーズン、節目で残した言葉をたどる。

大谷のキャンプ初日は2月14日のこと。米アリゾナでは珍しく雨になった。練習後、キャンプ地に隣接したホテルの、結婚式を行えば300~400人は入れそうなボールルームを貸し切って、記者会見が行われた。

いい意味で頑固、柔軟性も

日米の記者から多くの質問が飛ぶ中、米大リーグへの適応をどうイメージしているかと問われて、こう話している。

「まずは何も変えずに、自分がやってきたことをベースにしっかり取り組んでいく。変えなければいけないところは、その都度、変えていければいい。まずは今までやってきたスタイルを、しっかりここではっきり発揮できるようにやりたいなと思います」

そのことはチームからも認められていた。

「やりやすいようにやってほしいって言われています。トレーニング一つをとっても、どのくらい満足しているかということも報告もしますし、次にどういうトレーニングをしたいのかという意見交換もするので、そういうような感じで自分の望んでいる方向にいきます」

いい意味で頑固。それでいて柔軟性が感じられた。

3月29日のアスレチックス戦で、メジャー初打席初安打を放った=共同

3月29日のアスレチックス戦で、メジャー初打席初安打を放った=共同

3月29日、オークランドでアスレチックスとの開幕戦を迎えると、初打席で初球を捉え、右前に安打を放った。

「初打席に向かうときは、おそらくこの先忘れない打席になるのかなと思う。すごく特別な感情がある」

このときは「8番・指名打者」での出場。やがて大谷はチームの中軸を任されることになる。

4月1日、メジャー初先発。6回を投げて3安打、3失点、6奪三振。アスレチックス打線はフォークボールにまるでタイミングが合わなかった。まずはメジャーのマウンドから見える景色を聞かれると言った。

「すごく周りが近く感じましたし、雰囲気的には(キャンプ中の球場と)全然違うのかなという感じがする」

スライダーを本塁打されたが、解説が興味深い。

「本塁打を打たれたスライダーは、腕を振るポイントが少し遅れていた。そこは工夫が必要」

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

大リーグコラム

電子版トップスポーツトップ

拝啓 ベーブ・ルース様 一覧

フォローする
9月3日のアスレチックス戦、三振に倒れてベンチに下がるエンゼルスの大谷=APAP

 「走り込みが足りないのでは?」
 「人口比2%に満たない珍しい“先天性”の異常」
 先日来、大谷翔平(エンゼルス)が受けた左膝蓋骨(しつがいこつ)手術の原因などに関して、様々な報道がある。分かりやすい言 …続き (9/30)

8月20日のレンジャーズ戦の八回、大谷はボールになる内角低めのスライダーを巧みに捉えた=共同共同

 「これが最後か?」
 帰る前、記者席からの眺めをカメラに収めていると、後ろから声をかけられた。レンジャーズの名物広報部長ジョン・ブレイクである。
 彼が言う通り、そこからの景色はおそらく見納め。テキサス …続き (9/2)

試合前、ベンチでウオームアップを行う大谷(8月14日のパイレーツ戦)=AP

 狭いトロントのビジターチームのクラブハウスだったことは覚えている。しかしあれは、2003年だったか、04年だったか。記憶が曖昧だが、試合前、松井秀喜(当時ヤンキース)にホームランに関連する話を聞いて …続き (8/19)

ハイライト・スポーツ

[PR]