/

紀平V、ファイナル進出 三原2位、本田は6位

フリーの演技を終えた紀平梨花。NHK杯に続き2連勝を果たした(24日、グルノーブル)=共同

【グルノーブル(フランス)=共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦、フランス杯最終日は24日、グルノーブルで行われ、女子はショートプログラム(SP)2位だった16歳の紀平梨花(関大KFSC)がフリーは138.28点で1位となり、合計205.92点でGP初出場優勝のNHK杯に続く2連勝を果たした。

紀平はシリーズ上位6人で争うGPファイナル(12月6~8日・バンクーバー)に進出した。

SP首位の三原舞依(シスメックス)はフリー3位の合計202.81点でGP自己最高の2位に入った。本田真凜(JAL)は188.61点で6位。平昌冬季五輪銀メダルのエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)は4位だった。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン