ビッグデータの仕様統一 政府、異業種間の共有基盤

データの世紀
2018/11/25 1:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は企業や行政機関が持つビッグデータを集め、誰もが利用できるデータベースの基盤をつくる。持ち主によってバラバラになっているデータの書式や読み込みの方法などを統一。天気と買い物のデータをまとめて売れ行きを予測するなど、異分野の情報やデータをかけあわせてサービス開発に使えるようにする。欧米に比べ出遅れたデータ利用の基盤を整える。

内閣府と経済産業省が主導し、「分野間データ連携基盤」と呼ぶ仕組みを2…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]