2019年5月25日(土)

蔡総統が党主席を辞任 台湾地方選で与党大敗

2018/11/24 23:04 (2018/11/25 19:48更新)
保存
共有
印刷
その他

【台北=伊原健作】2020年の台湾次期総統選を占う統一地方選が24日、投開票された。蔡英文総統率いる与党・民主進歩党(民進党)は高雄、台中の2つの直轄市を含めて首長ポストを大幅に減らして大敗した。蔡氏は敗北の責任をとって党主席を辞任した。総統としての職務は続けるが、政権の求心力低下は避けられない。

統一地方選は16年に発足した蔡政権の中間評価の位置づけで、次期総統選の前哨戦とも目されてきた。民進党は今回の選挙で全22県市の首長ポストを選挙前の13から6に減少。国民党は6から15に増やして形勢を逆転させた。

蔡氏は24日夜に台北市内で記者会見し「我々の努力が足らず、支援してくれた支持者を失望させてしまった。心からの謝罪をする」と述べた。

民進党は蔡氏の党主席辞任により、次期総統選に向けて蔡氏からの候補者差し替えを含めた戦略の見直しを迫られる。一方、親中路線の国民党は党勢が回復。中国が台湾への圧力を強める中、総統選で4年ぶりに独立志向の民進党から政権を奪還すれば、中台関係は大きく転換する可能性もある。

野党国民党候補の優勢が伝わり喜ぶ支持者=ロイター

野党国民党候補の優勢が伝わり喜ぶ支持者=ロイター

民進党は地盤としてきた南部の直轄市、高雄の市長選で陳其邁氏(53)が国民党の韓国瑜氏(61)に敗北。韓氏は生活に不満を抱える人々の心情に訴え「選挙は民進党への不信任投票だ」と批判票を取り込む戦略が奏功した。勢いは全土に波及し、中部の台中市でも国民党の盧秀燕氏(57)が民進党現職の林佳龍氏(54)を破った。

中部の雲林県、南部の嘉義市などでも、民進党の現職候補が国民党候補に相次ぎ敗れた。

蔡氏は公務員の優遇を是正する年金改革などで既得権層から猛反発を浴びた。低賃金問題の解決を求める若者ら支持層の期待にも応えられず、多方面から批判を招いた。就任後に中国の圧力で5カ国との外交関係を失うなど、対外的にも閉塞感が強まっていた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報