/

この記事は会員限定です

されど上場 もまれて企業は強くなる

「上場=成長」は幻想か?

[有料会員限定]

「サービス開始からわずか3年後に約10億円を調達」。乗用車の相乗りサービスを展開するベンチャー企業、Azit(アジット)が9月に実施した資金調達にベンチャー業界が沸いた。スポンサーにはKDDI系のベンチャーキャピタル(VC)や外資系VCが名を連ねた。これまでもメルカリ(4385)の山田進太郎会長や小泉文明社長から資金供給を受けてきた。

非上場でもマネー集中

それでも吉兼周優最高経営責任者(CEO)は満足していない。「さらに30億~50...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1463文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン