2019年4月20日(土)

鉄道調査を制裁例外認定 南北連結で進展も 韓国外務省

2018/11/24 12:04
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=山田健一】韓国外務省は24日、韓国と北朝鮮の鉄道連結に向けた共同調査をめぐり、国連安保理北朝鮮制裁委員会との協議を終えたと発表した。共同調査に向けて国連制裁が一部免除される見通し。南北がめざす鉄道連結の着工式の年内開催へ道を開く可能性がある。

9月に平壌で南北の経済協力を話し合った北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長(左)と韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領=ロイター

韓国メディアによると、共同調査に必要な石油などの北朝鮮搬入が免除される見込み。今回は共同調査に向けた例外措置との位置づけで、本格的な鉄道整備には国連による北朝鮮制裁の緩和が必要になる。韓国大統領府の関係者は「共同調査が米国や国際社会から支持を受けた。南北協力が新しい段階に入る」とコメントした。

韓国と北朝鮮は9月の南北首脳会談で、日本海沿いの東海線と黄海側の京義線を連結する着工式の年内実施で合意した。ただ、北朝鮮の非核化問題が進展しない状況で、韓国が南北融和を推進することに米国が懸念を示し、米韓は作業部会を設置して話し合いを進めていた。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報