2018年12月19日(水)

NY原油大幅反落、50ドル台に 直近高値から34%下げ

OPEC
北米
2018/11/24 5:43
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=関根沙羅】23日の米原油先物市場で、指標となるWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート、期近物)が大幅反落し、前営業日比4.21ドル(7.7%)安の1バレル50.42ドルと、1年1カ月ぶりの安値で取引を終えた。10月初旬につけた直近高値からの下落率は34%を超えた。

世界景気の減速懸念や、主要産油国での生産量増加を受けて需給が緩むとの観測が引き続き相場の下落圧力となった。サウジアラビアのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相は22日に、11月の原油生産量が前月を上回ると発表した。米エネルギー情報局(EIA)が21日に発表した週間の在庫統計では、米国の原油在庫が9週連続で増加したことも確認された。

主要産油国は12月6日の石油輸出国機構(OPEC)総会で協調減産を検討する見通し。サウジのファリハ氏は22日、来年1月の需要が弱まる見込みのため世界的な市場の懸念を払拭するために適切に対応するとの見解を示した。だが、トランプ米大統領が価格を低く抑えるようサウジに圧力をかけており、市場では需給改善につながる減産の実現を疑問視する声が出ている。

米国の商品市場は22日が感謝祭の祝日のため休場で、23日も短縮取引で薄商いだった。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報