/

ブリヂストンを脱税容疑で捜索 ロシア税関

【モスクワ=小川知世】ロシアの税関当局はブリヂストンが関税を脱税した疑いがあるとみて捜査を始めた。22日までに同社のモスクワ事務所などを家宅捜索し、従業員を事情聴取した。ロシア北西部を管轄するバルト税関が明らかにした。

関税を脱税した疑いでブリヂストンが家宅捜索を受けたのは、モスクワやサンクトペテルブルク、ウリヤノフスクの会社事務所

捜索を受けたのはモスクワのほか北西部のサンクトペテルブルク、モスクワ東部のウリヤノフスクにある会社事務所や工場。ブリヂストン広報部は「20日にモスクワなどで税関の立ち入り検査を受けた」としている。同社によると、工場建設時の2015年ごろに輸入した設備で違反の疑いが持たれているもようだ。

ブリヂストンは1998年にモスクワに販売会社を設立。ウリヤノフスクで乗用車用タイヤの工場を建設し、16年12月に生産を開始した。需要が見込まれるロシア市場の本格開拓を目指している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン