/

日産・ルノー連合の継続を支持 日仏閣僚会談、沈静化図る

ゴーン元会長の逮捕後、初めて

【パリ=白石透冴】フランスを訪問中の世耕弘成経済産業相は22日午後(日本時間23日未明)、フランスのルメール経済・財務相と会談した。日産自動車元会長のカルロス・ゴーン容疑者の逮捕を受けて意見交換し「日産とルノーの連合が協力関係を維持する意思を両国政府が強く支持することを再確認した」とする共同声明を発表した。

日仏の閣僚が直接会談し、共同声明を打ち出すことで事態の沈静化を図ったものとみられる。

会談後、世耕氏は記者団に会談内容について「情報交換はしたが、中身を話すことは避けたい」と述べるにとどめた。日産自動車と三菱自動車、仏ルノーの自動車連合について「連合の関係が安定的に続くことが重要だと確認した」と説明。「連合の発展には関係者の合意、納得が必要だ」と語った。

元会長の解任については「(ルメール氏と)情報交換はしたが、特段議論はしていない。民間企業に関することだ」と強調した。

世耕氏は日本が大阪誘致を図る2025年国際博覧会(万博)の開催地を決める博覧会国際事務局(BIE)総会に参加するため、パリを訪問している。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日産自動車が選択を迫られている。
内田誠新社長のもと、業績をどう立て直すのか、筆頭株主である仏ルノーとの関係をどう再構築するのか。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません