2019年6月27日(木)

中華イノベーションの源泉 「緩さ」が拓く新・製造業
経営の視点 編集委員・太田泰彦

2018/11/25 21:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

目覚めた直後の寝ぼけ眼で、歯ブラシがうまく握れないことがある。指先の動きはぎこちないけれど、視覚と脳の働きが必死にそれを補い、やがて動作が追いついてくる。

同じ理屈が機械にも当てはまる。部品の精度をミクロン単位まで極めなくても賢い人工知能(AI)があれば、ロボットや工作機械を正確に制御できる。

「製造業大国の日本とドイツが築き上げた技術体系は過去のものとなる」。中国広東省・深圳に拠点を置くベンチ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報