/

この記事は会員限定です

先人の努力にみる財政政策の来し方

編集委員 大林 尚

[有料会員限定]

「平成最後の」という枕詞(まくらことば)を冠したニュースを目にする機会が多い。

平成の失敗史を総括

麻生太郎財務相の諮問機関である財政制度等審議会(会長・榊原定征東レ相談役)が平成最後の建議をまとめた。財制審の建議は、政府が年末に閣議決定する翌年度予算案の編成が本格化するのを前に、有識者らの基本的な考えを財務相に提言する年中行事だ。歳出規律へのゆるみにタガをはめる役割を担ってきた。ことしの建議はそれに加えて平成年間の財政...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1744文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン