2018年12月19日(水)

暖房器具で100人超死亡 過去5年、誤使用に注意

社会
2018/11/22 22:31
保存
共有
印刷
その他

製品評価技術基盤機構(NITE)は22日、ストーブやヒーターなど暖房器具が原因で起きた火災や一酸化炭素(CO)中毒事故で、2018年3月までの5年間に107人が死亡したと明らかにした。器具の近くに洗濯物など可燃物を置かないよう注意を呼び掛けている。

製品評価技術基盤機構が誤使用を再現し、火災に至った石油ストーブ(22日午前、東京都渋谷区)=共同

NITEによると、18年3月までに火災やCO中毒などの事故が1064件発生。このうち289件で、107人が死亡、267人が重軽傷を負った。

被害者の出た事故の製品別では石油ストーブが最多で137件、次いで電気ストーブの65件だった。湯たんぽを長時間体に触れさせて、46人が低温やけどなどで重軽傷を負っていた。

NITEは注意として(1)ストーブで衣服などを乾かさない(2)石油ストーブ給油時は消火し、タンクから漏れがないか確認する(3)湯たんぽは布団が暖まったら取り出す――などを挙げている。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報