2019年4月19日(金)

ゴーン元会長の姉とコンサル契約 業務実績確認できず

2018/11/22 22:02
保存
共有
印刷
その他

日産自動車のカルロス・ゴーン元会長(64)の報酬過少記載事件で、日産が元会長の姉とコンサルタント契約を結び、少なくとも数千万円の報酬を払っていたことが22日、関係者の話で分かった。姉の業務実績は確認できず、経費の不正支出にあたる疑いがある。東京地検特捜部も契約の詳しい経緯を調べているもようだ。

関係者によると、元会長の姉は少なくとも数年間にわたり日産とコンサル契約を締結。報酬は日産側が支払ったが、日産の社内調査ではコンサル業務の実績が確認できていないという。元会長が親族に対し、コンサル契約を装って利益供与をした可能性もある。

姉は元会長の自宅とされるブラジル・リオデジャネイロの高級マンションに居住していたことも判明。このマンションは日産が2010年ごろ、ベンチャー投資名目でオランダに設立した子会社「ジーア」の資金で購入されたとされる。

日産はゴーン元会長による不正行為として▽報酬の過少記載▽投資資金の私的流用▽経費の不正支出――の3点を指摘。家族旅行や飲食などの費用数千万円を日産側が負担していた疑いも浮上しており、元会長による経費の不正支出はさらに膨らむ可能性も出ている。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報