/

北越銀と明治安田、都内で新潟県産品フェア

北越銀行は明治安田生命保険と共同で「新潟県物産フェア」を東京都内で30日に開催する。2月に両者が結んだ地方創生に関する連携協定に基づく具体的な取り組みの第1弾。県産の食品や工芸品などの魅力をPRする。

物産フェアは明治安田生命の新東陽町ビル(東京・江東)で午前11時~午後2時に開催する。道の駅「新潟ふるさと村」(新潟市)が限定の日本酒などを出展する予定だ。第四銀行も共催に加わる。

食品では日本酒や2017年に一般発売が始まったブランド米の「新之助」、新潟交通グループの「バスセンターのカレー」など、土産物に向いた商品を出展する。燕三条の食器なども販売する。協定では物産展のほか健康増進に関わるイベントなども計画している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン