/

こんぴら歌舞伎 来年は勘九郎さんら出演

香川県琴平町と「四国こんぴら歌舞伎大芝居」推進協議会は22日、来年4月に開催する第35回公演の概要を発表した。中村勘九郎・七之助兄弟や市川中車さんら人気役者が顔をそろえる。

こんぴら歌舞伎は現存する日本最古の芝居小屋「金丸座」を舞台に、1985年から続く恒例のイベント。来年は4月6日から21日までの16日間で、演目は午前11時からの第1部が「義経千本桜 すし屋」「心中月夜星野屋」。午後3時からの第2部が「傾城反魂香」「高坏」「芝浜革財布」。

事務局がこんぴら歌舞伎のホームページに詳しい情報を載せている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン