/

この記事は会員限定です

産学で開発人材育成を 工学系大、博士課程離れ対策

森迫清貴・京都工芸繊維大学学長

[有料会員限定]

工学系大学で深刻な博士課程離れに対処するために、京都工芸繊維大学が産学協働でより実社会向けの博士課程人材育成に乗り出した。森迫清貴学長に寄稿してもらった。

工学系の大学では、専門性を高めるため大学院博士前期課程(修士)まで進学する学生が多い。修士学位の取得は就職に有利であり、ものづくり企業の多くでは修士修了が採用の必須条件となっている。

一方、博士後期課程では、専門研究力が向上しても修了時の年齢...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2198文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン