/

この記事は会員限定です

「サービス・労働市場改革が重要」 在日米国商工会議所のサシン会頭

[有料会員限定]

在日米国商工会議所のサシン・N・シャー会頭は都内で日本経済新聞社のインタビューに応じ、日米物品貿易協定(TAG)交渉開始を「歓迎する」と表明した。自動車や金融サービス、労働市場の改革などが焦点になるとの見方を示した。米企業にとりビジネス環境の改善につながると期待感を示した。主なやりとりは次の通り。

――TAG交渉を始める日米政府に何を期待していますか。

「我々は日米の新たな貿易協定開始を歓迎してい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り964文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン