テロで有罪なら国籍剥奪 豪、二重国籍者から

2018/11/22 18:37
保存
共有
印刷
その他

【シドニー=共同】オーストラリアのモリソン首相は22日、二重国籍保持者がテロ活動に関与し有罪判決を受けた場合、刑の期間にかかわらずオーストラリア国籍を剥奪できるように法改正する方針を表明した。

豪メルボルンでのテロ現場にささげられた花束=ロイター

オーストラリアへの移民が過激派に転じるのを防ぐ措置。現行法ではテロ活動に関与し6年以上の禁錮刑を受けた二重国籍保持者に限り国籍を剥奪できるが、制限を撤廃しテロ対策を強化する。モリソン氏は声明で「テロの脅威に先立ってできることは何でもする」と強調した。

オーストラリアの国籍保有者が海外でテロ活動に関与した場合は最長で2年間、オーストラリアに入国させないようにする。

オーストラリアでは今月9日、第2の都市メルボルンで男が通行人を次々と刺して3人を死傷させる事件が発生。男はソマリア系移民で、過激派組織「イスラム国」(IS)の影響を受けており、警察はテロと認定した。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]