スルガ銀失敗の教訓とは
本社コメンテーター 上杉素直

上杉 素直
2018/11/23 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」への投資をめぐるトラブルに端を発したスルガ銀行の経営問題は、2018年4~9月期が1千億円近い連結最終赤字になるほどの不良債権処理でとりあえずの区切りをつけた。1998年の金融危機からちょうど20年という節目を迎えた日本の金融史に、新たな汚点が刻まれた。

第三者委員会が9月に公表したスルガの内情は、とても銀行とは思えないメチャクチャさだった。怒鳴る、椅子を蹴…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

上杉 素直

本社コメンテーター

金融・経済政策

金融ビジネスや金融政策、税制・財政をはじめとする経済政策、社会保障の現場を取材してきた。2010年からのロンドン駐在では欧州債務危機に揺れる政治や行政、人々の暮らしをのぞいた。編集委員を経て18年から現職。

    ソーシャルアカウント:

本社コメンテーター

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]