丸亀市の建設会社の全株式取得、あなぶきグループ

2018/11/22 18:30
保存
共有
印刷
その他

あなぶきグループで、マンションの修繕工事を手掛けるあなぶき加賀城建設(高松市)は、三聖建設(香川県丸亀市)の全株式を取得した。三聖建設は後継者不在で譲渡先を探していたところ、工事事業を拡大させたいあなぶき加賀城建設が譲り受けた。

あなぶき加賀城建設は21日付で三聖建設の全株式を取得した。取得額は非公表。三聖建設は従業員数が13人で、香川県西部での公共工事を得意としている。

一方、あなぶき加賀城建設はマンションの外壁や屋上、廊下などの大規模な修繕工事を主力としている。修繕工事などは作業員に経験が求められるが、人手不足で人材確保が難しくなっている。後継者問題に悩む三聖建設を取り込むことで作業員を確保し、受注拡大を目指す。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]