/

アカツキ、角川のゲームをハリウッド映画化

アカツキの子会社、アカツキエンターテインメントUSA(米カリフォルニア州ロサンゼルス)は24日、角川ゲームス(東京・品川)のゲームを米ハリウッドで実写映画化すると発表した。公開時期や出演者などは未定。アカツキは2017年9月にアカツキエンターテインメントUSAを設立し、映画事業に参入した。今作が同社にとって第1弾の映画となる。

角川ゲームスのミステリーゲーム「ルートレター」を実写映画化する。16年に「プレイステーション(PS)4」と「PSヴィータ」向けに発売し、国内外で40万本売り上げた。ゲームの続編を12月20日に発売する。

アカツキエンターテインメントUSAは日本の漫画やアニメなどのコンテンツを持つ日本企業にハリウッドでの映画化を提案する事業を主に手がける。アカツキが資金面で支援している。現地の映画会社との調整役も担い、原作の良さを生かした映像を製作する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン