/

この記事は会員限定です

ゴールドマン、組織的関与が焦点 1MDB汚職

[有料会員限定]

マレーシアの政府系ファンド「1MDB」を舞台とした汚職問題をめぐり、米金融大手ゴールドマン・サックスの経営管理体制が問われる事態に発展した。元幹部社員が社内のチェック機能をすり抜け、汚職に関与した実態が明るみに出たからだ。21日にはアラブ首長国連邦(UAE)アブダビの政府系ファンドが損害賠償を求めて提訴したことも明らかになった。これまでの経緯と今後の焦点をまとめた。

▼ゴールドマン元幹部は汚職にどうかかわったのか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1450文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン