2019年9月18日(水)

救命に誰もがAED使えるように 浦元千賀子氏
MFAジャパン代表取締役

2018/11/26 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

心筋梗塞や心筋症などで発作を起こし突然死する人は国内で年7万人を超える。素早く応急措置をすれば助かるケースは少なくない。だが、総務省消防庁の「救急・救助の現況」によると、一般市民に目撃された心肺停止の傷病者のうち、1カ月後に社会復帰した割合は9%未満にとどまる。理由の一つとして考えられるのは、市民による「自動体外式除細動器(AED)」の使用率が低いことだ。

AEDは心停止になったときに電気ショッ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。