リーマンの敗者、沸騰するアジアの不動産で再起

(1/2ページ)
2018/11/23 6:34
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

10年前。だぶつくマネーを背景にカタカナ名の新興デベロッパーが市場を席巻していた。東京の土地が食い尽くされる――。その瞬間、リーマン・ショックが勃発、多くが市場から姿を消した。ところが……。その中から奇跡の再起を果たした不動産会社がある。クリード。舞台はアジアだ。沸騰する「地熱」が2度目の生命の息吹を吹き込んだ。

更生法申請から2年後の驚き

2011年、クリード社長の宗吉敏彦はシンガポールにいた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]