2019年8月21日(水)

ストリートアカデミー、3億8000万円調達

2018/11/22 15:30
保存
共有
印刷
その他

スキルシェアサービス「ストアカ」を運営するストリートアカデミー(東京・渋谷、藤本崇最高経営責任者=CEO)はベンチャーキャピタル(VC)やTBSホールディングスのコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)などから3億8000万円を調達した。調達資金は地方展開やシステム開発、人材採用などにあてる。

2万3000件以上の講座を掲載している

VCのスパイラル・ベンチャーズ・ジャパン、TBSホールディングスのCVCであるTBSイノベーション・パートナーズ、モバイル・インターネットキャピタル、APAMANのグループ会社を引受先とする第三者割当増資を実施した。

APAMANグループ、TBSとは事業面での連携も進める。APAMANのグループ会社のfabbit(ファビット)が展開する全国のコワーキングスペースでストアカのイベントや講座の開催を検討。TBSグループとは、番組やイベントとストアカの講座を連動させた取り組みを計画している。

ストアカは教えたい人と学びたい人をつなぐスキルシェアサービス。対面形式で教える講座を約2万3000件掲載している。登録者は25万人以上。今後はサービス提供地域を関東だけでなく九州や関西で広げるとともに、広島や名古屋など他の政令指定都市にも拡大していく方針だ。今回の調達資金はこうした地方展開に伴う人材採用や、ユーザーの利用頻度を高めるためのシステム開発などに使う。藤本CEOは「人生100年時代に新しい学びを多くの人に届けたい」としている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。