/

この記事は会員限定です

スマホ1位狙うファーウェイ 鍵はユーザー目線

ITジャーナリスト 石川 温

[有料会員限定]

スマートフォン(スマホ)の世界シェアで米アップルを抜き去り、トップの韓国サムスン電子をとらえようとうかがう中国・華為技術(ファーウェイ)。2台のカメラを搭載する「デュアルカメラ」や、人工知能(AI)による写真の処理、AI専用チップ「NPU」の搭載など、これまでも様々な新しい技術を他社に先駆けて搭載したハイエンド機種を投入する一方で、比較的安価で性能が高いモデルなど幅広く投入し、着々とシェアを伸ばし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2366文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

モバイルの達人

最新スマホの最速レビューから、最新技術動向、スマホを巡るビジネスの裏側など業界を知り尽くす「達人」がお伝えします。動きの早いモバイル業界の「次を読む」ためのヒントが満載。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン