/

この記事は会員限定です

米国は追加投資、日本は回収急ぐ VCの姿勢に差

[有料会員限定]

投資拡大が続く日本のベンチャーキャピタル(VC)業界。ただ米国と比較すると、投資の規模がまだ小さいほか手法にも違いがあることが最近の調査で浮き彫りになった。同じ企業に何度も出資する「追加投資」が日本では少ない。米国は目星をつけた企業に手厚く投資を続ける傾向が強く、有力なスタートアップが育つ原動力になっている。

「追加投資より早く新規株式公開(IPO)させて資金回収する傾向が日本のVCにはまだ強い」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1128文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン