/

みずほFGの新システム移行、2019年7月にも完了へ

日経クロステック

みずほフィナンシャルグループ(FG)が新たな勘定系システムへの移行作業を2019年7月にも終える方向で調整していることが分かった。新システムへの切り替えは全9回に分けて実施しており、最後の第9回の移行作業は「19年度上期」としていた。

「平成」から新元号への移行作業などとの重複を避けるために、第9回を19年7月にも実施する方向で調整している。第9回はみずほ信託銀行の勘定系システム「BEST」で管理する口座データを新システム「MINORI」に移す予定だ。

みずほFGは18年6月から新システムへの移行を始めていた。すでに旧みずほコーポレート銀行の勘定系システム「C-Base」で管理する口座データや、旧みずほ銀行の勘定系システム「STEPS」で管理する口座データの一部などを新システムに移していた。

(日経 xTECH/日経コンピュータ 山端宏実)

[日経 xTECH 2018年11月21日掲載]

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません