村上開明堂、インドに新工場 バックミラーを量産

2018/11/21 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自動車用バックミラー大手の村上開明堂はインドに進出する。同国西部に新工場を建設し、2020年にもバックミラーの量産を開始する。総投資額は10億円弱を見込む。インドは中国や米国に続く巨大市場として注目を集めており、拡大を続ける需要を取り込みたい考えだ。

新工場はグジャラート州のアフマダーバード県に建設する。今夏に着工し、19年7月末の完成を目指す。3万1000平方メートルの敷地を確保し、新工場の建…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]