/

この記事は会員限定です

医薬品卸、拠点の効率化急ぐ 東邦HDは全行程自動化

[有料会員限定]

医薬品卸が薬価の引き下げで一段と苦境に立たされている。人手不足も重なり、各社は物流拠点の効率化を急ぐ。東邦ホールディングス(HD)は入庫から出荷までほぼ全工程を自動化した拠点を21日に稼働。メディパルHDは従来の7割の人員で機能する拠点を2022年までに6カ所に増やす。暮らしに欠かせない医薬品卸だが営業利益率はわずか約1%。各社は変革を迫られている。

東邦HDが21日に開いた新型物流センター「TBC広島」はほぼすべての工程でロボッ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り805文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン