次世代電池、家電で先行 「全固体」TDKが小型品

2018/11/21 20:24
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

次世代電池の本命と期待される「全固体電池」が、暮らしや産業に浸透する可能性が出てきた。電子部品大手のTDKが指先に乗るサイズの小型品の実用化にめどをつけた。電気自動車(EV)で利用できるとして注目されてきた全固体電池が、家電分野などで先行する見通しだ。韓国、中国勢と激しくなる電池分野の競争で、日本勢は巻き返しを目指す。

全固体電池は現在の電池の代表であるリチウムイオン電池と同じ2次電池。エネルギ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]