19年の世界成長率3.5% OECD予測、日中欧減速

2018/11/21 19:00
保存
共有
印刷
その他

世界経済が先行きの減速感を強めている。経済協力開発機構(OECD)は21日発表した世界経済見通しで、2019年の国内総生産(GDP)の実質成長率を3.5%とし、9月時点から0.2ポイント引き下げた。18年に比べ0.2ポイント下がる。20年の予測では米国と中国の成長が大幅に鈍化すると分析。貿易摩擦などのリスクが高まる中、世界経済が頭打ちになると指摘している。海外減速の影響で日本の成長も緩やかになる…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]