/

この記事は会員限定です

「廃橋」全国で137カ所 老朽化・人口減で利用見込めず

[有料会員限定]

自治体が改修を断念して撤去・廃止を決めた道路橋が全国で137橋に上ることが、国土交通省の集計で分かった。都道府県で最も多いのは北海道で、岐阜、高知が続いた。地方部で多く、改修しても人口減で利用が見込めないことがある。老朽橋は自治体の大きな問題となっているが、改修に多額の費用がかかることもあり「廃橋」がさらに増える可能性がある。

国交省が過去4年間の点検で老朽化が激しいことが分かった539橋について...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1010文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン