/

JR高山線、全線で運転再開 富山駅で式典

7月の豪雨による被害で一部区間が不通になっていたJR高山線が21日、約4カ月半ぶりに全線で運転を再開した。富山駅(富山市)で式典が開かれ、運転再開を祝って駅を訪れていた会社員や学生に岐阜県産の新米がふるまわれた。

式典には岐阜県のゆるキャラも駆けつけた(富山市)

「高山線の寸断で、減少気味だった訪日外国人も来てもらえるのではないか」。岐阜県飛騨市の都竹淳也市長は運転再開に喜びをみせた。午前8時に富山駅を出発した名古屋行きの特急列車には早速、外国人旅行者の姿が見られた。今後は岐阜県側から富山側への旅行者の送客増も期待できる。

高山線は猪谷駅(富山市)と坂上駅(飛騨市)の間で土砂崩れが発生し、復旧工事が続いていた。富山県の担当者は式典で「これから富山はカニの季節だ」として岐阜や名古屋からの観光客の誘致に力を入れる考えを示した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン