/

この記事は会員限定です

デジタル遺品、生前管理へ さまよう故人データ

ポスト平成の未来学 死を考える

[有料会員限定]

2016年に交通事故で亡くなった友人のSNS(交流サイト)アカウント。久しぶりに名前を検索してみると、亡くなる1カ月前に友人限定で投稿した写真は色あせず、当時のまま残っていた。

故人が現世に置いていったスマートフォン(スマホ)やSNSアカウントは「デジタル遺品」と呼ばれる。デジタル化で思い出を整理したり、残したりすることは容易になった。だが暗証番号や生体認証など生前に個人を守っていた技術が、故人と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2629文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン