/

津川、朝丘夫妻にお別れ 心に焼き付けると奥田さん

幅広い役で存在感を示し、8月に78歳で死去した俳優の津川雅彦さんと、俳優や歌手などマルチに活躍し、4月に82歳で死去した妻の朝丘雪路さんの「合同葬お別れの会」が21日、東京都港区の青山葬儀所で開かれた。

俳優の津川雅彦さんと妻の朝丘雪路さんの「合同葬お別れの会」で、祭壇に飾られた遺影(21日、東京都港区の青山葬儀所)=共同

祭壇はピンクや紫などの花々で飾られ、2人の笑顔の写真が寄り添うように置かれた。津川さんと40年来の友人で俳優の奥田瑛二さんは弔辞で、津川さんが残した言葉「この世はワンダー(不思議)がフルなんだよ。生きることがワンダフル。そういう人生が最高だ」を紹介し、「(津川さんを)心に焼き付けて過ごしていきたい」と遺影に語り掛けた。

俳優の黒柳徹子さんと歌手の五木ひろしさんも弔辞を読んだほか、俳優の水谷豊さん、米倉涼子さん、反町隆史さんら多数の関係者が参列。親交のあった安倍晋三首相も駆け付けて献花し「(津川さんには)拉致問題のボランティアで中心的な役割を担っていただいた」などと感謝の言葉を述べた。

津川さんは映画「マルサの女」「ひとひらの雪」などで、朝丘さんはヒット曲「雨がやんだら」などで親しまれ、おしどり夫婦としても知られた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン