パナソニック、インドで遺失物防止システム
認知度向上図り、サムスン追撃

2018/11/21 16:48
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

パナソニックはインドで社会的課題を解決するIT(情報技術)サービスを拡充する。21日には遺失物の発見や子供の見守りに役立つシステムを発売すると発表した。同社はインドを戦略国と位置付け、家電や住宅設備で市場開拓に取り組むが、韓国のサムスン電子などとの差は大きい。多くの利用者が見込めるITサービスを増やし、認知度向上を図る。

新サービスは財布や鍵などの貴重品に小型のビーコン(電波受発信機)を付け、身…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]