/

この記事は会員限定です

保守派の反対論、官邸が説得 天皇訪中(平成4年)

平成Politics30

[有料会員限定]

戦後、天皇は「日本と日本国民統合の象徴」として政治と一線を画す存在となった。政治利用は避けるべき問題だが「皇室外交」が完全に国際情勢の影響を受けないわけではない。1992年に天皇陛下が訪中し「中国国民に対し多大の苦難を与えた」と述べられたことは、日中両国の和解の象徴となった。

「人々の温かい歓迎を懐かしく思い出します」。天皇陛下は今年5月、来日した李克強(リー・クォーチャン)首相との懇談でご自身の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1115文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン