/

この記事は会員限定です

デジタル広告で買収合戦 アジア、スマホ向け急成長

電通は9社、インド首位に 世界シェア拡大の足場

[有料会員限定]

広告大手がアジアでM&A(合併・買収)を競っている。電通は過去5年でインドの9社を買収し、デジタル広告で印首位に浮上。世界最大手の英WPPも印スタートアップ企業の買収などで対抗する。アジアの広告市場はテレビや印刷媒体が過半を占めていたが、スマートフォン(スマホ)向けなどのデジタル広告が急成長している。アジアの新興企業の取り込み方次第で、世界の広告業界の勢力図が塗り替わる可能性がある。

インド・ムンバイ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1355文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン