/

NHK、誤送信で8人懲戒 「住民に不安抱かせた」

(更新)

NHKは21日、札幌放送局や業務委託した制作会社でメールの誤送信が2件続いた問題で「取材に協力した住民の方々に多大な不安を抱かせた」などとして、札幌放送局のディレクターを停職1カ月、同放送局長をけん責とするなど計8人の懲戒処分を発表した。

札幌放送局では今月、オウム真理教の後継団体主流派「アレフ」を巡る住民インタビューの音声ファイルをダウンロードできる情報が入ったメールを、ディレクターがアレフ側に誤送信した。

また、NHKがバラエティー番組で業務委託した制作会社のディレクターは、街頭インタビューなどのファイルを入手できる情報が入ったメールを第三者に誤送信した。この問題でNHK制作局のチーフプロデューサーを減給とするなどした。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン