カリスマ変質 トップ兼務で独善に
ゴーン退場 20年目の危機(下)

2018/11/22 7:06
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「こんなことが許されていいのか」。日産自動車会長のカルロス・ゴーン容疑者の詳細な情報を知る立場にいた日産の幹部は、不正につながる情報に目を疑った。同幹部をきっかけに半年ほど前から数人が極秘調査を開始。金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いでのゴーン会長逮捕につながった。

同じ時期の今年4月、ゴーン会長は日産の親会社、仏ルノーとの資本関係見直しを突然表明した。かねて経営統合をにらんで…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]