/

KDDI、新4K衛星放送対応のケーブルテレビ用STB投入

日経クロステック

KDDIは2018年11月20日、新4K衛星放送に対応したケーブルテレビ用セットトップボックス(STB)として「ケーブルプラスSTB-2」を19年4月から導入すると発表した。

同社は「ケーブルプラスSTB-2」を、音声検索やレコメンド機能などを搭載した「ケーブルプラスSTB」の進化版と位置づける。新4K8K衛星放送のうち4K放送の視聴に加えて、「家電連携」の機能を追加した。さらに、音声による「シームレスな検索」「テレビ操作」などの機能も改善を図った。

4K放送の視聴に向けては、パススルー方式およびトランスモジュレーション方式に対応する3系統のチューナーを内蔵した。

家電連携では、KDDIのホームIoT(あらゆるモノがネットにつながる)サービス「au HOME」などとの契約・設定を前提に、例えば「エアコンをつける」などの操作が、リモコンのマイクボタンから音声で実行できるようにした。また「Google Home」を利用して、ハンズフリー操作も可能とした。

KDDIは、18年12月からケーブルテレビ事業者に向けてサンプル機の提供を行う。

(日経 xTECH/日経ニューメディア 田中正晴)

[日経 xTECH 2018年11月20日掲載]

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません