2019年8月21日(水)

ソフトバンク、韓国のEC大手に2200億円投資

2018/11/21 8:30
保存
共有
印刷
その他

米ロイター通信は20日、ソフトバンクグループによる運用額10兆円規模の「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」が韓国の電子商取引(EC)大手クーパンに20億ドル(約2250億円)の追加投資をすると報じた。2015年にも10億ドルを投資しており、筆頭株主としての存在感を強める。企業価値は約90億ドルと評価したという。

クーパンは衣類や日用品などを扱うECサイトで、10年の創業。自前の配達員が迅速に商品を届ける「ロケット配送」が特徴だ。人工知能(AI)で購買データを分析し、様々な効率化や最適化を図っている。

ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長は5日の決算説明会で「韓国でのアマゾンに相当する、圧倒的ナンバーワン。我々は筆頭株主で、強く深くバックアップしたい」と述べている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。