ゴーン会長不正、側近2人が実行役 家族旅行にも経費

2018/11/21 6:54 (2018/11/21 10:09更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日産自動車会長のカルロス・ゴーン容疑者(64)の報酬過少記載事件で、代表取締役のグレッグ・ケリー容疑者(62)の指揮の下、外国人の専務執行役員(54)ら側近幹部2人が一連の不正行為の実行役となっていたことが21日、関係者の話で分かった。側近幹部2人は東京地検特捜部と司法取引で合意しており、ゴーン会長らの逮捕につながった。

【関連記事】司法取引2例目 ゴーン氏摘発、外国人執行役員ら協力

一方、日産は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]