/

この記事は会員限定です

中国、債務削減の誤算 企業資金難を人民銀総裁謝罪

[有料会員限定]

中国が進めてきた企業や地方政府の債務削減を巡り、中国人民銀行(中央銀行)の易綱総裁が謝罪に追い込まれた。民間企業の資金繰り悪化を招いた責任を認めたのだ。米国との貿易戦争で経済が減速するなか、債務削減を柱とする構造改革は棚上げされそうだ。

「政策の考慮が不十分だった。信用収縮が起きて民間企業の資金調達難を拡大した」。11月6日、国営新華社が配信したインタビューで易氏は債務削減が誤りだったと率直に認め...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1433文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン