2019年9月15日(日)

湾岸アラブ産油国経済が停滞 民間投資が減退で改革に逆風

2018/11/20 20:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ドバイ=岐部秀光】湾岸のアラブ産油国経済の停滞感が強まっている。国際通貨基金(IMF)がこのほど発表した「地域経済見通し」によると、サウジアラビアなど湾岸協力会議(GCC)を構成する6カ国の2018年の実質経済成長率は2.4%と、世界経済の3.7%を大きく下回る見込みだ。石油に頼らない経済を目指し、国民に痛みを強いる各国の改革の行方にも影響を及ぼしかねない。

米金利が予想を上回るペースで上昇し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。